【鈴木陽子の花のレース】 ひまわり 【ドイリー】

参考書

【鈴木陽子の花のドイリー】からひまわりです。

花言葉 光輝

鮮やかな黄色の花びらが太陽との会話を楽しんでいるようなおおらかさをテーマに。

 

MEMO

鈴木陽子さんは“東京手芸編物学校校長”、”日本手芸普及協会副会長”、”ヴォーグ編物指導者養成校講師”、”産経学園、東京カルチャースクール講師”をされていたそうです(?)/1993年時点

 

材料

糸:DMCコルドネスペシャル #80 <B5200>

       HH Lizbeth #80  <616> 

かぎ針:アミュレ レース針 10号

本の指定は #40(ダルマレース糸ゴールド)30g、8号サイズのレース針

 

出来上がりサイズは22cm(本は27cm)

8月中に完成させておきたかった作品です。

鈴木陽子さんの本からひまわり。

本では白一色で編んでいますが、花弁の部分と縁編みを黄色に変更してみました。

いつもはカラー糸はスペシャルダンテルを使っているのですが、今回はカラーバリエーションが豊富なLizbethを使用してみました。

メイドインチャイナなので、(販売はアメリカの会社)スペシャルダンテルと比べると素材は落ちますがお値段は可愛くなります。

とは言ってもレース糸の中では高い部類に入ると思いますが。

編んでいる途中は花弁の部分がぐちゃぐちゃで、本みたいになるか不安でしたが仕上げをしてみたらちゃんと、ひまわりになってくれました。

 

編んでみて

※評価★の数について(私個人の見解)

  • 難易度 ★→★★★★ 難しくなる
  • デザイン ★→★★★★ 美しくなる
  • 掛かる時間 ★→★★★★ 長くなる     で評価しています。

 

【鈴木陽子の花のドイリー】

ひまわり
難易度 [star3.0]
デザイン [star3.5]
掛かる時間 [star3.0]
総合評価 [star3.5]

技法としては難しい所は特にありませんでした。

ひまわりの花を綺麗に表現している作品になっています。

こう言ったデザインは他に見かけないので、花が好きな方には是非編んで頂きたいと思いました。

色を変えるだけで随分イメージが変わるので、中央の黄色の花びらと外側の黄色の花びらの間の糸に、ブラウンを使ってみても良かったかもしれません。

 

 

最新情報をチェックしよう!